2016年、電力会社は自分で選ぶ時代に!2016年、電力会社は自分で選ぶ時代に!

電力完全自由化で、何がどう変わったの?

2016年4月、法律の改正により電力小売りが完全自由化されました。簡単に説明すると、これまで一般家庭は地域ごとに決められた電力会社(例:東京在住なら東京電力)からしか電気を買うことはできませんでしたが、自由化後は地域の電力会社に加え、新しく登場した電力会社(小売電気事業者)の中から自由に選んで電気を買うことができるようになったのです。

「電力小売り全面自由化」は、地域の電力会社が独占していた電力供給事業に、さまざまな会社も参入させて競争を活性化し電気料金を適正化することを目的に、国が2000年から始めた「電力自由化」の改革のひとつです。工場や商業施設は、2005年から地域の電力会社以外から電気を買うことが一般的になっていましたが、自由化の対象がいよいよ家庭にも広がりました。

お得になるのは電気代だけじゃない?!暮らしに+ α の価値を

この電力小売り完全自由化にともない、いままで電気を売っていなかった会社が、次々と電気の販売を開始しています。電力会社が増えると、市場での競争が生まれます。各社は、強みを活かしたさまざまな料金プランやサービスを提供しています。例えば、通信会社なら携帯電話やインターネット回線とのセット割、ガス会社ならガスとのセット割など、自社のサービスと電気料金を組み合わせた、これまでにないプランが登場しました。電気料金の安さや、ポイント特典、各種割引などを比較して、ご家庭に合った最適なプランやお得なサービスを選びたいですね。

「電力会社を変更するのは、手続きが大変なのでは?」と思われるかもしれませんが、その心配はいりません。一般家庭が電力会社を気軽に変更できるように、国が主導となって整備を進めてきました。たとえば、契約したい電力会社が見つかったら、契約中の電力会社に解約を伝えずに新しい電力会社に簡単に申し込みをすることができます。

「電力自由化」は、家庭で毎日使う電気で得するチャンス!ぴったりの電力会社を見つけて、よりお得で賢い電気生活をスタートしてみませんか?